2016年06月27日

ムヒカの箴言

 アメリカ大統領選もいよいよ大詰めだが、本稿ではすこし視点を変えて、現職のオバマ大統領に注目したい。
 任期満了が近づき政治的影響力が落ちた首相や大統領を、“レームダック(lame duck)”と称することがある。足のわるい鴨、つまり「死に体」という意味だ。欧米政界の俗語で、2期目もいよいよ終章に入ったオバマ大統領は昨年あたりからそう揶揄されている。
 だが、レームダックは、じつは悪いことばかりではない。次の選挙がないので、もともとやりたかったことをかなり自由に、そして大胆にやることができるからだ。
 アメリカ人にとって、1年半前には想像もできなかった2つの出来事が立て続けに起こった。昨年7月20日、バラク・オバマはアメリカの現職大統領としては88年ぶりにキューバの首都ハバナに降り立ち、54年ぶりに両国は国交を回復した。そして今年5月27日には、現職大統領としてはじめて被爆地・広島を訪問したのである。
 キューバは、米ソ核戦争寸前までいったキューバ危機以来のいわくつきの国、アメリカの喉もとに突きつけられた匕首(あいくち)に譬(たと)えられる社会主義国だ。そして広島はアメリカが人類史上はじめて実戦で原爆を投下し、20万人もの無辜(むこ)の民を殺戮して壊滅させた都市。ともに歴代の大統領が目をそむけつづけてきた場所である。永きにわたり喉の奥に刺さったこのふたつの厄介なトゲを、オバマは任期中に取り去ったのである。これは、初のアフリカ系でなおかつ左派系大統領であるオバマにしかできなかった快挙だろう。
 さて、話は北米から南米にとぶ。
 日本のほぼ真裏にウルグアイという人口300万人の国がある。ブラジル、アルゼンチンという大国に挟まれた、牧畜を主産業とする小国である。サッカーの古豪としても知られ、FCバルセロナのウルグアイ人選手スアレスはメッシ、ネイマールに並ぶスーパースターだ。
 じつはこの南米の小国に、もうひとりのスーパースターがいるのをご存じだろうか。昨年まで同国大統領だった、ホセ・ムヒカ(81歳)である。
 2012年のリオデジャネイロでの国連会議で、過剰消費社会とグローバリズムへ警鐘を鳴らす名演説を行って「世界でもっとも貧しい大統領」として世界中で有名になり、今年4月には夫婦で初来日して日本でも話題になった。
 首都モンテビデオ郊外の貧しい家庭に生まれたムヒカは10代から政治活動をはじめ、1960年代初期に当時の独裁政権に反抗する極左武装組織トゥパマロスに加わる。ゲリラ活動による投獄は都合4回、2度は脱獄したもののリーダー格として活動中に6発の銃弾を浴びて再投獄され、奇跡的に命は取りとめたが最後の投獄は13年間に及んだ。激しい拷問にくわえ、換気口もトイレもない蛸壺のような狭い独房に10年間にもわたり投獄され生死の境をさまよったのである。そして、ウルグアイにもついに民主化の流れが及び、1985年に釈放となってのち1994年に下院議員に当選、2010年にはなんと第40代大統領(〜2015年)に就任するのである。
 まことに過酷で数奇な人生だが、かれが世界中で有名になった理由はそれだけでない。
 大統領公邸ではなく郊外の古い平屋に上院議員の奥さん、事故で前足一本を失った小型犬、猫、ニワトリと一緒に暮らし、月給の9割を慈善事業に寄付してわずか月千ドルでの生活。資産といえばトラクター1台と1987年製のフォルクスワーゲン1台だけで、いつもはワーゲンを自分で運転するが、やむをえず公用車に乗る時もけっして運転手にドアを開け閉めさせない。そして後部座席ではなくかならず助手席に乗るのは、襲撃されたとき運転手だけを犠牲にしたくないためだ。外遊しても一切その費用を請求せず、飛行機だって大統領専用機ではなく一般機のエコノミークラスに乗る。そしていかなる公式の場でもノーネクタイにジャケット、ローマ教皇の前であれ国連での演説であれそうだ。
 しかし、ムヒカをたんなる質素な変わり者の爺さんと見誤ってはいけない。
 かれのすごさ、すばらしさは、東西の歴史や哲学から学んだふかい教養と実行力、卓越した人間力にある。ホセ・ムヒカは決して聖人ではない。腹を立てれば毒づくし、したたかさももっている。国民の貧富の差をなくすことを最大の目標とするが、いっぽうでプラグマティズムを貫く筋金入りの老練な政治家なのである。2013年にはミハエル・ゴルバチョフの推薦で、2014年にはさらに多くの政治家や学者が推薦してノーベル平和賞にノミネートされたことでも、かれの人物レベルが分かろう(「受賞した場合には辞退する」と発言していたため受賞しなかった)。
 そのムヒカが初来日した重要な目的のひとつは、被爆地・広島を訪問することだった。人類が犯したもっとも愚劣な罪とその歴史に直接ふれたかったのだ。そして、かれが広島を訪れた翌月、現職のアメリカ大統領がはじめて被爆地・広島の地を踏んだのである。
 一見、まったくの偶然に見える。が、これはじつに示唆的な出来事なのである。
 2012年の初め、この二人は南米コロンビアで開かれたサミットではじめて顔を合わせ、晩さん会でたまたま隣同士になり長時間話す機会を得た。このとき、二人は互いにとても好い印象を持った。ムヒカはのちにこう述べている。
 「オバマは、アメリカの他の政治家と比べると急進左派だ。だから、言ってやったよ。『アフガニスタンから撤退しなさい』とね。オバマは笑っていた。…(中略)…現在のアメリカの置かれた状況を考えると、オバマは最高の大統領だ」(『悪役―世界でいちばん貧しい大統領の本音』汐文社)
 このあと、オバマが「自分の任期中にアフガニスタンから完全撤退する」と宣言したことは周知のとおりだ(残念ながら現地事情の悪化から昨年10月に任期中の撤退断念を発表)。
 2014年5月にムヒカはホワイトハウスの大統領執務室にも足を踏み入れている。元極左ゲリラで米政府のブラックリストにも載る南米の指導者がこの部屋に入るのは前代未聞のことだったが、このとき二人の間で語られたことはさらに前代未聞だった。アメリカとキューバの国交回復の可能性を模索する内容だったのだ。
 ムヒカは若いころキューバを訪れてチェ・ゲバラやフィデル・カストロに会い、キューバ革命の輝かしい成功をお手本にウルグアイでも社会主義革命を起こそうとしたのだ。そんなムヒカにオバマは、「あなたのご友人に、和解を模索するチャンスだとお伝えください」と、キューバとの仲介役を頼んだのである。まさに歴史が動いた瞬間だった。
 その後の二人は、しばしば直通電話で話をするほどの仲よしである。オバマはムヒカを人生の先輩として、そして艱難(かんなん)を乗り越える強靭な精神力と人類の未来に警鐘を鳴らす叡智にふかい尊崇の念を抱き、いっぽうのムヒカは、アメリカ史上初めてのアフリカ系大統領で人権派でもあるオバマにつよいシンパシーと期待を抱きつづけてきたのだ。
 ムヒカの広島訪問は今年の4月10日、東京外国語大学での講演やテレビ出演などのための初来日で実現した。「絶対に行かねばならない」と言いつづけた広島は、かれにとって特別な場所だったのだ。一方このころ、伊勢志摩サミットで来日するオバマの広島訪問が取り沙汰されていたが、国内世論への配慮から実現が危ぶまれていた。ところがムヒカが広島を訪れたちょうど1か月後の5月10日、ホワイトハウスはオバマの広島訪問を正式発表する。そして5月27日、オバマは現職のアメリカ大統領としてはじめて広島の地に立ち、あの歴史的な演説を行うのである。
 わたしが何を言いたいかわかっていただけるだろうか。ムヒカが心を揺さぶられた広島、その広島にアメリカ大統領が行かないという判断をムヒカが是とするはずはない。それも、信頼している友人のオバマである。
 「アメリカ大統領として広島へ行ける最後のチャンスなんだよ!」
 ムヒカが、そう進言しないほうが不自然だろう。
 ウルグアイには日本からの移民も多かった。日本人の勤勉さや質実さを子どものころから知るムヒカは、もともと大の親日家である。しかしかれは、明治維新や戦後の輝かしい技術立国ぶりに敬意を表しつつも、「日本人は魂をうしなった」と手厳しい。
 「西洋に勝るほどの発展を遂げたが、西洋の悪いところを真似しすぎてしまった。経済成長に躍起になり、かつての良さを見失っているように見える。いくらモノがあっても、モノは幸せにはしてくれない。日本人はいま幸せなんだろうか?」
 この言を虚心に聴く耳すら、日本人はうしなっていないだろうか。
Text by Shuhei Matsuoka
単行本『風聞異説』http://www.k-cricket.com/new_publication.html
posted by ノブレスオブリージュ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック